大阪・北海道のネイル学校・ネイルスクール

大阪校06-6344-2242 北海道校0144-84-8900
  • ジェルネイルとアクリルスカルプチュアの違い

    最近、思い思いにネイルを楽しむ方が増えており、ネイリストの需要も高まっています。こちらでは、ネイルサロンでも人気の高い「ジェルネイル」と「アクリルスカルプチュア」の違いについてご紹介します。

    ジェルネイルとは?

    UVライト・LEDライトで硬化する、ジェル状のアクリル系樹脂を使った人工爪を「ジェルネイル」といいます。オフする際に、そのまま削っていく「ハードジェル」と、アセトンを使い除去する「ソフトジェル」の2種類に分けられます。2006年頃から流行し、現在では自宅で気軽にジェルネイルが楽しめるキッドも多く販売されています。

    濡れたような艶感と丸みを帯びた形状が出せるのが魅力のジェルネイルは、UVライト・LEDライトを当てない限り硬化しないため、時間をかけて自由に形を作ることができますが、水飴のようなジェルを上手く操作するのは少々難しいです。長さは出さずに、自爪の保護・強化やカラーリングの持ちを良くしたい方に人気があります。ネイルスクールではジェルネイルを専門で学ぶことも可能です。

    アクリルスカルプチュアとは?

    アクリルパウダーとアクリルリキッドを化学重合させた、「ミクスチャー」と呼ばれる樹脂を使って作る人工爪を、「アクリルスカルプチュア」といいます。このミクスチャーは、時間が経過するにつれて自然に硬化していきます。オフする際は、ソフトジェルと同様「アセトン」を使って除去します。アクリルスカルプチュアは、ミクスチャーを何度も重ねることで、爪の長さや形が自由自在に作れるため、爪の長さや華やかさが欲しい方に根強い人気があります。

    このように、ジェルネイルとアクリルスカルプチュアは同じ人工爪ですが、使われている材料や硬化方法に違いがあり、それぞれ向き不向きがあります。自爪への負担を注意しながら、用途に合った人工爪を楽しみましょう。

    JNAのネイル認定校の当校では、ネイルに関することを基礎から学び、ネイリストの夢に向かっていくあなたを全力でサポート致します。スクールでは「フリータイム制」を導入しており、さらに西梅田駅と駅チカですので、お忙しい方も安心して通うことができます。当校は、積極的にネイルコンテストへの参加や海外研修ツアーを行っております。プロネイリストとして活躍したい方はもちろん、デザインやネイル、キレイになることに興味がある方は、是非一度当校にお問い合わせください。

大阪・北海道のネイルスクール、検定取得もサポート

ネイル検定資格取得するなら【有吉ひとみネイルアカデミー】で。初心者の方でも基礎からしっかりと学べます。日本ネイリスト協会(JNA)認定校の当校でネイリストに必要な高い技術を身につけていただけます。海外ネイル研修ツアーもございます。

各種スクール費用が月々1万円 スルガ銀行